三茶スニーカー

三軒茶屋で20年以上続くスニーカー専門店公式オンラインストア

会員ログイン
 会員登録で5%OFF
新規登録
送料無料
Facebook Twitter Instagram
返品無料
カート

スニーカーの選び方

スニーカー選びに失敗したことがないという方は、おそらく少数派ではないでしょうか。

中には「今まで一度も自分に合ったスニーカーに出会ったことがない」と、半ば諦め気味の方の声を聞くこともあります。

今も痛い思いをしてスニーカーを履いている…日本には、そんな方がきっとたくさんいらっしゃるはずです。

実は、スニーカー選びにはいくつか確認しておくべきポイントがあります。そのポイントを知っているかどうかで、スニーカー選びは大きく変わります。

自分に合ったスニーカーを見つけることができれば、普段の生活が楽しくなります。大げさかもしれませんが、足に掛かる負担を気にせずに歩けるというのは、想像以上に気持ちが良いものです。

そこで今回は、自分に合うスニーカーを選ぶ上で知っておいてほしいポイントを、三茶スニーカー店長の岡山の長年の経験を踏まえて、3つにまとめてご紹介します。

AF3A3633

 

1.スニーカー選びはインソールから

お気に入りのスニーカーを見つけたら、皆さんはサイズを合わせるために、まず何をしますか?

おそらく「すぐに靴を履いてみて、フィット感を確かめる」という方が多いのではないでしょうか。

しかし、実はその前にチェックすべきことがある、と岡山店長は言います。

「まず靴のインソールを引き抜いて床に置き、その上に足を合わせてみてください。かかとを基準にして合わせることがポイントです。インソールよりも足の幅が大きかったり、つま先部分が適度に余っていないようであれば、ジャストサイズとは言えないでしょう」

インソールとは靴の中敷(中底)のことで、皆さんが普段はいているスニーカーにも、購入時には必ず入っているものです。実はこのインソール、履き心地や体のバランスなどを左右する重要なアイテムなのですが、同時にジャストサイズの靴を見つけるためのキーアイテムにもなっています。

実は、同じサイズ表記の靴でも、その形は微妙に異なります。例えば同じ23.5cmの靴でも、メーカーによって幅や高さ、先端の細さなどが異なるため、A社の23.5cmがあなたの足のジャストサイズであったとしても、B社の23.5cmの靴がジャストフィットするわけではありません。また、同じメーカーでも、シリーズごとに形が異なるということも珍しくありません。これはおそらく多くの人が、実際に経験してきたことではないでしょうか。

だからこそ、スニーカーの形に合わせて作られている、インソールに足を合わせる必要があるのです。

実際に靴を履いてしまうと、たとえインソールと足の形があっていなくても、何となく「これがジャストサイズなんだ」と勘違いしてしまうことがあります。しかし、インソールの形と足の形が明らかに違っていれば、その靴があなたにとってジャストサイズではないことは一目瞭然ですよね。
これからは、スニーカーに足を入れる前に、まずはインソールを引き抜いてみてください。

 

 

2.スニーカーを履いた時のポイント

インソールに足を合わせてみて、スニーカーの形が足の形に合っているようなら、実際に履いてみましょう。ここでは、インソールの形だけではわからなかった、スニーカーと足とのフィット感や指のつまり具合などをチェックします。

フィットしているかどうかをチェックするためには、まず座ったままスニーカーを履き、かかとをトントンと床に落として、足をかかと側に詰めましょう。こうして自然に立った時に、かかとの後ろに人差し指がギリギリ入るくらいがちょうどいいサイズだと言えます。また、足の指がある程度自由に動かせるかどうかも重要なチェックポイントです。

「この方法はあくまで目安ですが、履き慣れてくると、この時合わせたサイズ感よりも少し大きくなります。これは大人でも子供でも試せる方法ですので、スニーカーを選ぶ上でのサイズの目安を知るにはちょうどよい方法ですよ」(岡山店長)

実際、三茶スニーカーの店内では、この方法でスニーカーのサイズをチェックしています。決して難しい方法ではないので、ぜひやってみてください。

 

 

3.自分に合ったスニーカーを手にするために心がけたいこと

自分に合ったスニーカーを選ぶコツ、最後のポイントは「自分の足に合わせてカスタマイズを行うこと」です。

「スニーカー選びに悩む多くの人が、カスタマイズをせず、市販のままの状態で、スニーカーを履き続けています。しかし、足の形は人それぞれです。左右の足のサイズ・形が違うなど、抱えている問題も人によって異なりますから、市販のスニーカーがあなたの足に合わないのは当然です。だからこそ、インソールや靴紐などを使い、スニーカーをあなたの足に馴染ませる必要があるのです」

スニーカーのサイズ表記やメンズ・レディースといった区別は、あくまでメーカー側がスニーカーを選びやすいように設定した指標の一つに過ぎません。そういった意味では、自分の足にぴったりの市販のスニーカーを見つけることのほうが困難かもしれません。だからこそ、スニーカーのセミオーダーという市場がにぎわいを見せているのでしょう。

しかし、セミオーダーせずとも、インソールや靴紐をカスタマイズすれば、市販の靴をあなたの足になじませることができます。インソールを一枚入れるだけで、足の悩みが解決できることもありますし、靴紐の結び方を工夫すれば、まるで足に吸い付くようなフィット感を感じられることもあります。

三茶スニーカーでは、ご購入いただいたスニーカーをどのようにカスタマイズすべきかといったご相談にも応じております。

これまで自分に合ったスニーカーに出会ったことがないという方は、足の悩みを添えて、店長まで気軽にご相談ください。あなたの靴選びに、とことんまでお付き合いさせていただきます。あなたの快適なスニーカーライフをサポートさせてください。

Instagram